WINDOWS シャドウコピー 設定

シャドウコピー(バックアップを取り、復元機能あり)

※WINDOWS SERVER系の機能でしたら、WINDOWS10にも機能としてあります。

共有ファイルに必須な機能


システム管理者の電話の多くがどうでもいい事で
1・「共有フォルダーに置いてあった、ファイルが無く
   なった」
2・「共有フォルダーに置いてあった、フォルダーが無く
   なった」
3・「ファイルが読み込み中エラーになった」
1・2は経験上、近くのフォルダー内を探せば出てきます。
3・は一体何をやったらそうなると思う。

自分
自分

それでも見つからない時はシャドウコピーの出番です。
共有フォルダをバックアップを取ってくれます。またプロパティから復元できるのも気軽です。

WINDOWSメニュから、「コンピューターの管理」⇒共有フォルダを選択して「右クリック」

シャドウコピー1

C・Dを同時に選べますが、通常はファイル共有して
ある、Dドライブです。「設定」をクリック

シャドウコピー2

最大サイズはデフォルトでいいと思いますが、ファイルが多いようならサイズを増やしてください。スケジュールでバックアップする時間や曜日など決めてください。

シャドウコピー3

シャドウコピーはあくまでも、ドライブの空きエリアを使ったバックアップです。サーバーが稼働している事が前提になり、ハードディスクが傷ついてしまった場合修復できないので、データーベースのデーター
などは別の方法でバックアップを取る必要があります。

WINDOWSサーバー2012以上から機能が追加された共有ファイルの容量を制御する為のツールです。システム管理者は、毎日の増大していく共有フォルダー内のファイル見て不安になった事があると思います。